歌詞

朝日楼(朝日のあたる家)

吉井和哉

作詞
浅川マキ
作曲
Traditional

あたしが着いたのは ニューオリンズの

朝日楼という名の女郎屋だった


愛した男が 帰えらなかった

あんときあたしは 故郷(くに)を出たのさ


汽車に乗って 又 汽車に乗って

まずしいあたしに変りはないが


ときどきおもうのはふるさとの

あのプラットホームの薄明り


誰か言っとくれ 妹に

こんなになったらおしまいだってね


あたしが着いたのは ニューオリンズの

朝日楼という名の女郎屋だった

提供: うたまっぷ