歌詞

襟裳岬

越山元貴

作詞
岡本おさみ
作曲
吉田拓郎

北の街ではもう 悲しみを暖炉で

燃やしはじめてるらしい

理由のわからないことで 悩んでいるうち

老いぼれてしまうから

黙りとおした 歳月を

ひろい集めて 暖めあおう

襟裳の春は 何もない春です


君は二杯目だよね コーヒーカップに

角砂糖をひとつだったね

捨ててきてしまった わずらわしさだけを

くるくるかきまわして

通りすぎた 夏の匂い

想い出して 懐かしいね

襟裳の春は 何もない春です


日々の暮らしはいやでも やってくるけど

静かに笑ってしまおう

いじけることだけが 生きることだと

飼い慣らしすぎたので

身構えながら 話すなんて

ああ おくびょうなんだよね

襟裳の春は 何もない春です


寒い友だちが 訪ねてきたよ

遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ

提供: うたまっぷ