歌詞

故郷

松本哲也

作詞
松本哲也
作曲
松本哲也

北風吹き荒れて 川は大地を巡る

凍る土の中 草花は春を待つ

かじかむ手を口へ 息を吹き暖める

あの人 今いずこ 変わらない町灯り


ヘイ~ヤ~ 忘れてた

寂しさ 底抜け 降るみぞれ

ヘイ~ヤ~ 優しさに

触れれば いつしか雨となる


細いあぜ道の 先にある古い家

こたつを囲んでた 懐かしき家族たち


ヘイ~ヤ~ ふるさとを

夢と引き替えに飛び出した

ヘイ~ヤ~ 立ち並ぶ

ビルの間から 降るみぞれ


ヘイ~ヤ~ 忘れてた

寂しさ 底抜け 降るみぞれ

ヘイ~ヤ~ 優しさに

触れれば いつしか雨となる

提供: うたまっぷ