歌詞

あの花みたいに

Tiara

作詞
平松愛理
作曲
平松愛理

重なる茶色の遊歩道一歩ずつ

枯れ葉の音時間を戻す

君の背中ふざけて押したあのベンチ

追いかけて欲しくて走ったこの道


君の左のポケットで

あったまってたのは

私の右手だけじゃなくて

私の毎日と未来だった


木枯らしの中空に向けて

必死で背筋伸ばした春の花を見た

もうあのポケットは誰かのもの

この痛みを絶対忘れずに

強い人になりたい

あの花みたいに


結わえただけの髪映したコンビニの

扉を開けずにいたのは

若さだけで様になってた昨日とは

変わってゆく今日に戸惑ったから


そういえば同窓会にも

行ってなかったっけ

ちょっとずつ違う苦さを皆

懐かしいあの場所で抱いているね


忙しく華やぐこの街で

尖るパンプスと恋でなんとかやってきた

あの藤棚の下の鉄棒

さかあがりがもしも今出来たらきっと

制服で見た夢思い出すよね


返信メール優しさ溢れて涙止まらない・・・

Thank you dear my friend ×2


私を頑張らせてくれる

仕事や友情は大事な宝物

君がいなくなって分かった

どんな嵐だって雲の上の太陽信じれたとき

明日が見えてくる

あの花みたいに

提供: うたまっぷ