歌詞

99匹目のサル

ザ・コレクターズ

作詞
加藤ひさし
作曲
加藤ひさし

100匹目のサルの話を知ってるかい?

あるとき変わったサルが エサを洗って食べ出した

仲間たちはみんな まったく興味なく

変わりモノのサルだけが エサを洗って食べ続けた


どこかキミによく似てるよね

だれもキミに興味ない

なにを叫んでも夜の闇

吸い込まれて消えてゆく


何もかも理解されずに

いつまでもひとりぼっちで

どこまでも無意味にみえる

夜がまた明けてゆく


そして時は流れ いつしかサルたちは

変わったサルの真似して エサを洗って食べだした

100匹目のサルが それを真似した時

まるで常識のように 誰も彼もが真似だした


どこかボクらと似ているよね

大きなうねりにのまれ

だれも気がつかないあいだに

皆 同じモノ欲しがって


何もかも一瞬にして

新しくルールが変わる

ウソのよなホントの話

100匹目のサルの話


ギザギザの前髪 昨日はみんな笑った

だけど明日はみんな キミを真似してるかも


99匹目のサルがもしキミならこのボクが

世界のすべてを変えてゆく100匹目のサルになろう


今はまだ見えないけれど

いつの日かやってくるだろう

キミのそばに 世界を変える

100匹目のサルがきっと

提供: うたまっぷ