歌詞

明日色ひまわり

戸松遥

作詞
古屋真
作曲
Nori

よく言われるの 不器用な負けず嫌いって

騒がしいおもちゃ箱だとか キミがいうように


だけどね時々 解って欲しい 誠心誠意の声を wow

調子外れでも 空回りしても 伝えたい事あるんだ


よく言われるの ハイテンションで単純って

楽しくて待ちきれないんだもん それも売り文句


本当は時々 色んな場面で あれこれ感じているの wow

好きも嫌いも喜怒哀楽も 笑顔に変えていたいんだ


強く高く咲かせて 溢れるほど 抱いた太陽の花

いつも鮮やかな未来地図は 空に広がっている


よく言われるの 悩み事も無さそうねって

裏では努力家なんです そんな自己診断


大胆不敵な つもりは無いから すれ違う時は痛むよ wow

弱音のセリフを探せずに 隠しちゃうけど ごめんね


光 背伸びしながら 見上げるんだ ずっと向日葵のように

きっと輝ける願い事が 虹の向こうで見てる


陽が落ちて 風が強くても 別の居場所なんて探さない

ずっと青空と似合う顔をしてたい 素直だけは離さない


ゆこう太陽の花 胸に抱いて もっと煌めくような

いつも鮮やかな未来地図は "遥"彼方へ


届け 両手広げて 見上げるんだ どんな空の下でも

いつか咲き誇り世界中に 笑顔届けてみせる


明日を描き続ける


こんな風に私のまま 信じた道を行きましょう

広がる陽射しの中へ またここから走っていく

提供: うたまっぷ