歌詞

カラーボトル

作詞
竹森マサユキ
作曲
カラーボトル

一本の電話を受けた僕は

バイト先を飛び出しタクシーに飛び乗り 君の元へ

タクシーの中で僕は神様に祈っていたんだ

でももう先が長くないのも知っていたんだ

病院へ着いた僕はタクシーを飛び降り階段を駆け上がり

給湯室を曲がった三番目の部屋 君の部屋へ

君のお母さんが泣き崩れていた

君のお父さんはせっせと動いていた


全ては幻さ この目に映る何もかも

全ては幻さ この手に残された思いも


負けたくないやと あいつは言った

負けたくないなと 僕も思った

それっきりだった もっと話しておけば良かった

2005年 あいつは死んだ


一艘の船が 波をザブザブ掻き分け

進む 進む 進む

僕はといえば 波に誘われ

海へ来た 海へ来た


全ては幻さ 抱きしめたいこぼれ落ちる灰も

全ては幻さ この胸にしがみついた痛みも


一艘の船が 波をザブザブ掻き分け

進む 進む 進む

僕はといえば 波に 波に誘われ

海へ来た 海へ来た


星は見えない 星は見えない

見えない 見えない

星は見えない 星は見えない

うだりうだりうだり 風が

吹き荒れる

提供: うたまっぷ