歌詞

希望のバトン

カラーボトル

作詞
竹森マサユキ
作曲
カラーボトル

風に溶け出した 光の泡 銀色に輝いて 街を包んだ

あなたに見せたい景色がある けやき道 杜の都 透明な朝とか


見えない明日を 信じられるか 確かめるように 足音を響かせて


そうさ僕ら

この風を集めて生きてゆこう

君が感じたまま 迷わず飛び乗ろう

冷たい涙に飲まれぬよう

忘れなくていいんだよ 抱いてゆけばいいんだよ

今 つなげ 希望のバトン


鋭い北風に 頬ぶたれて 臆病振り払いながら 僕は走るから

あなたに必ず届けるから

何度つまずいたっていい 希望は無駄じゃない


沈む夕日を 一人で見てた 宮城野の丘 明日を変えてみよう


そうさ僕ら

この風を集めて生きてゆこう

君が感じたまま 迷わず飛び乗ろう

守るべきものが僕らにある

消えたりしないから 輝いて欲しいから

今 つなげ 希望のバトン


だいだいの花びらが 風に揺れてる

希望に色があるのなら きっとこんな色だ


見えない明日を 信じていよう 確かめるように 足音を響かせて


そうさ僕ら

この風を集めて生きてゆこう

君が感じたまま 迷わず飛び乗ろう

冷たい涙に飲まれぬよう

忘れなくていいんだよ 抱いてゆけばいいんだよ

今 つなげ 希望のバトン

提供: うたまっぷ