歌詞

左手に咲いたリング feat.Noa

LGYankees

作詞
HIRO/Noa
作曲
HIRO/KENNY

欲張りになった事もあった

投げ出したくなる夜もあった

それでもあなたと出逢えたのは

この気持ちを授かるためだったんだね


待ち合わせをすれば 遅刻して

約束をしても すぐに忘れて

こんなドジな僕だけど 君が喜ぶ顔を

ただ見たいだけ それだけ

初めて二人で迎えた記念日

プレゼントはサイズの合わなかったリング

そんな僕に 君は微笑みながら

そっと寄り添い 頬にキスをした


振り返れば 支えられていた

あたしが いつもそこにいて

「この人だ」 そう思えたのは

他の誰でもない あなただから


あの日から薬指にはいつでも

思い出のリングが輝いている

「どんな時も決して外したくはないの」と

呟く君が愛しくて


「幸せにする」そう言ってよ

不安にはもうさせないから

思い描いた二人の未来

叶えていこう 手を取り合って


こぼれそうな 想いと涙は

口にすれば 溢れ出すから

右手から左手に咲いた

リングに願うよ 永遠の愛


二人が笑った日々も ケンカした夜も

外さなかったその指輪を 今日は外して

代わりにこれからの二人を ずっと輝き照らしてくれる

新しい永遠のこのリングを贈るよ


振り返れば 支えられていた

あたしが いつもそこにいて

「この人だ」 そう思えたのは

他の誰でもない あなただから


こぼれそうな 想いと涙は

口にすれば 溢れ出すから

右手から左手に咲いた

リングに願うよ 永遠の愛


あなたとの未来を

提供: うたまっぷ