歌詞

星わたり

小林太郎

作詞
TARO KOBAYASHI
作曲
TARO KOBAYASHI

白い息に取って代わる言葉が見当たらない

白い息を何処に吐けばいいのかわからない


賑わいだす前の街路樹が枝を切られていく

一本電車を遅らせる理由でさえ見当たらない


もう何もかもが決まっていて

それに逆らえないことも決まっていて

ただ僕ら色んなことをして

気付けば大事に抱えていた


遠く星を渡るときは

いつでも私は切符を握り締めて

これからは独りぼっち


咳き込む人の海の中

何処に行けばいいのかわからない

賑わいだした街の中

明日を待ってる


もう何もかもが決まっていて

それに逆らわないことも決めていて

本当に僕ら色んなことをして

気付けば大事に抱えていったね


遠く星を眺めていた

決まって私は未来を指でなぞりながら

"これから"と独りぼっちで描いていた


言い訳に取って代わる言葉が見当たらない

ずっと待っていた扉はすぐそこまで来てしまって

ただ僕らは生きていくだけなのに

わからないことばかりだ


遠く星を渡るときは

いつでも私は鞄を抱きしめていた

これからは独りぼっち


気付けば切符は皺くちゃで

本当に私はまた色んな馬鹿をして

生きていくだけなんだと

鞄を下ろして 電車が止まったら

一人で歩いていくんだと

提供: うたまっぷ