歌詞

目眩

小林太郎

作詞
TARO KOBAYASHI
作曲
TARO KOBAYASHI

また君のこと分からなくなって

部屋から飛び出した 夜の11時

最後のバスも 待ち草臥れたように

たった1人の人間を 拾い上げていく


空から 2人を 見下ろせば

そりゃ近いだろうよ

手をつないだって 抱き合っていたって

心を開いてない


消えるはずの迷いが消えなくて

言えるはずの言葉が言えなくて

なぜ消えない? でも

僕の言う優しさなんかよりも

君の言う強さなんかよりも

大切なことがある気がしたよ


もっと君の事知りたかったけれど

電話も続かない 夜の11時


綺麗なショーウィンドウ

照り返した光に酔って

導かれるまま 手をつないだまま

君の笑顔見ていた


望むもの全てが遠く離れて

最後のバスも行ってしまった

"ごめんね"を 言えずにまた僕は眠る


だけど

消えるはずの迷いは消えなくて

言えるはずの言葉も言えなくて

なぜ言えない? でも

僕の言う優しさなんかよりも

君の言う強さなんかよりも

大切なことがあったよ

提供: うたまっぷ