歌詞

ふたりは雪のように

WEAVER

作詞
河邉徹
作曲
奥野翔太

冷えこんだ月明かりと

街灯が二人を照らして

いくつも影を伸ばしてく


手を繋ぎ歩く今が

いつまでも続けばいいなんて

君の言葉は空に吸い込まれた


寄り添う二人が窓に映って

今年初めての雪が今

君の肩に舞い降りてく


終わらない恋を探してた

あの日の冬の街角は

永遠のない未来を知る度

涙をこぼしてたけど


変わらない今を探すより

変わりゆく君を見ていたい

今年の雪が溶けたら

どんな目で僕を見てるの?


初めての雪の夜に

「同じ日は一度もないね」って

君は笑って言ってたね


過ぎていくこの瞬間を

大切に心に集めて

新しい明日を僕らで迎えよう


移ろう時が季節を変えても

繋いだ手と手のぬくもりを

守りたいと思ったんだ


伝えたい言葉のかけらは

届かない本当の気持ちは

崩れないように握っても

雪のように消えてくけど


「好きだよ」とたった一言が

たやすく心を包んで

僕を見る君の瞳が

溶けそうなほどに愛しい


やがて夜は去り 星も消え

眩しい朝が空を染める


終わらない恋を探してた

あの日の冬の街角は

永遠のない未来を知る度

涙をこぼしてたけど


変わらない今を探すより

変わりゆく君を見ていたい

今年の雪が溶けたら

どんな目をしてるの?

見せてよ

見てるよ

提供: うたまっぷ