歌詞

君がいた夏の空

WEAVER

作詞
河邉徹
作曲
杉本雄治

君がいた夏の空

海の向こうに心捕らわれて

雪の降る街で僕はまだあの日のこと

思い出すよ


8月の太陽の下

セントーサの海岸沿いは

初めて2人きりで歩く道だった


束の間の出会いの中

すぐに互い夢中になった

いずれ来る別れを忘れてしまうほどに


半年が過ぎてまだ

悴んだ指が求めてる


君がいた夏の空

どこまでだって行ける気がしてた

同じ風に抱かれ 笑ってた遠い景色


一つだけごまかした

言葉が僕を今も締め付ける

心だけ動かないで

あの日のままずっと君を

探してるよ


約束に意味はないと 最初からわかってたね

未来は平気な顔で 僕らを呼んでいた


寂しさを口に出せず 帰る日が近づくのに

背中合わせのまま 眠りについた夜


不思議だね何一つ

色褪せないままでここにある


君がいた夏の空

嵐のように降り出した雨に

冷えきったその背中

抱きしめて頬を寄せた


いつか来るさよならも

言葉になんてせずにいたことは

本当は君の心 繋いでいたい

僕のずるさ


雨の音より強い鼓動

遠くの空に飛ぶ飛行機

少し震えた君の「好き」が

あの日から残ってる

ずっと…


君がいた夏の空

海の向こうへむけて手を伸ばす

冬の来ない街で君は今何を見てる?


会いに行こう

何一つごまかさないで君に伝えたい

抱きしめて離さないよ

あの日のまま探してた

夏の空へ

提供: うたまっぷ