歌詞

雪が降るまえに

遠藤京子

作詞
遠藤京子
作曲
遠藤京子

バスを降りたら コートの襟をたて

はやく家に帰りましょう 雪が降るまえに


街路樹はもう 冬の仕度をして

冷たい頬も 背中も茜色

19の頃から この季節は

切ないものだと感じていた


恋の激しさにとまどいながらも

嬉しく 悲しく 指をからめて

くちづけかわす

今夜も何処かで 誰かが傷つき

危ない街で 愛を語って

気がついたとき 道に迷って

帰れなくなる


残酷ですね 好きだと云うなんて

答えることが 私にできますか

心の細い糸 ひとつ揺れる

今にも切れそうな 高い音


恋の激しさにとまどいながらも

嬉しく 悲しく 指をからめて

くちづけかわす

今夜も何処かで 誰かが傷つき

危ない街で 愛を語って

気がついたとき 道に迷って

帰れなくなる

提供: うたまっぷ