歌詞

青と白のコトバ

ユナイト

作詞
ゆきみ
作曲
ゆきみ

どうして生きてるだけで傷付けあうのに

独りで生きられないんだろう


「形有るものはいつか壊れるから不安」

と青は言いました

「形無いものは触れられないから不安」

と白も嘆いた


「人の想いなんてどうせすぐに変わってしまうだろ」

「人は良くも悪くも変われないでしょ」

そんな2人が出会いました


まるで違う色彩に強く惹かれあって

青のコトバと白のコトバと心が繋がりました


この想いがいつまでもと信じて 見上げた空は

まるで2人が溶けて混ざりあったような きれいな水色

こうして2つの色が1つになって ずっと一緒だと思ってました


2色の糸が少しづつほつれていっていることに

近すぎた故に気づかないまま 季節は巡りました


思い出とともに深い傷を残して

青のコトバと白のコトバと心が離れました


叶うこと無くすれ違った想いを乗せた涙も

まるで2人が溶けて混ざりあったような透明な水色


他の誰よりも遠くなった後見上げた 最後の空でさえ

やっぱり2人が溶けて混ざりあったような きれいな水色

どうして生きてるだけで傷付けあうのに

独りはこんなに寂しいのだろう


「君を思いだすってことは痛みを思いだすこと」

「あなたを思いだすってことは痛みを思いだすこと」

それでも2人はこの痛みを忘れてしまうでしょう…きっと

提供: うたまっぷ