歌詞

ビーチサンダル

AKB48(team K)

作詞
秋元康
作曲
大内哲也

ラジオから流れてる

あの夏のFavorite song

強い陽射しと波の音が

記憶のドアを叩く


海沿いのバス停で

夕暮れに急かされ

時刻表を見ていた時

ふいに キスをされたね


唇が

気づいた2人の恋

胸の奥

こっそり 鍵を掛けてた

想い


友達のままで

バスに乗ってたら

今年も一緒に

あの海に行けた

1人きり Summer day!


気がつけば 口ずさむ

思い出のLove song

人は誰も 知らぬうちに

口ずさむ歌がある


台風が近づいた

あの夜の出来事

幼な過ぎて 脱げなかった

愛のビーチサンダル


ごめんねと

一言 言い残して

部屋を出た

自分が許せなかった

ずっと


友達のままで

バスに乗ってたら

今年も一緒に

あの海に行けた

1人きり Summer day!


しまってた

去年のビーチサンダル

手に取れば

さらさら 砂がこぼれた

Regret


友達のままで

バスに乗ってたら

2人で この歌

口ずさんでたね

ビーチサンダルで…

提供: うたまっぷ