歌詞

青空のそばにいて

AKB48(team K)

作詞
秋元康
作曲
八重樫ゆう一

君とこの場所で出会って

空を見上げながら

白い雲のかたち

指差しては 名前つけ合った


どんな大切な気持ちも

やがて 見えなくなる

風に流されたのは

雲じゃなくて

僕たちの方さ


時間(とき)は いつだって やさしくて

恋のかけらたちの消しゴム


青空のそばにいて

君があの街に行っても

今の切なさを

時々はほら想って…

青空のそばにいて

新しい季節の真下で

僕は手を翳(かざ)し

眩しそうに そう 微笑もう


もしも 心が迷ったら

空を見上げるんだ

君が名前つけた

雲が見える

変わらない僕さ


愛は 限りない地平線

二人 どこまででも一緒さ


サヨナラは合言葉

溢れ出す頬の涙を

今日の思い出と

約束に

さあ 着替えて

サヨナラは合言葉

いつの日か また会えるはずさ

だから その日まで

別の道 今 歩き出す


青空のそばにいて

君があの街に行っても

今の切なさを

時々はほら想って…

青空のそばにいて

新しい季節の真下で

僕は手を翳(かざ)し

眩しそうに そう 微笑もう

提供: うたまっぷ