歌詞

あじさい橋

岩佐美咲

作詞
秋元康
作曲
見岳章

遠くに ゆっくりと

梅雨(つゆ)が来て

空からそっと投げた

絹の糸の雨


静かな街並は

色あせて

あの人を見送る道

手をふりながら


渡れる 渡れない

二人が 名付けた橋

渡れる 渡れない

ああ あじさい橋


小さな この傘を

開いたまま

欄干(らんかん)に 立てかければ

思い出の花


グレイの雨雲を

幾重にも

着物のように 着てる

空に虹の帯


瞳で受けとめた

恋の終り

雨の粒 いつのまにか

涙になった


渡れる 渡れない

二人の思い出橋

渡れる 渡れない

ああ あじさい橋


いつでも この場所で

待ち合わせた

あの頃が 切なすぎて

佇んでいた


渡れる 渡れない

一人の 今の私

渡れる 渡れない

ああ あじさい橋


心に いつまでも

咲いている

あの人と この橋の

あじさいの花


あの人と この橋の

あじさいの花

提供: うたまっぷ