歌詞

青春の予感

酒井美紀

作詞
及川眠子
作曲
林哲司

(突然)心 不思議にゆらめいて

きみの存在 誰よりも

だんだん 特別になるの

(偶然)思いがけなく ゆらめいて

何が変わり始めてる

そんな青春の予感


帰り道の坂途中

足をくじいたまま

しゃがみこんで 泣きそうな私

ぶっきらぼうに「乗れよ」と言って

自転車の後ろを

私にただ そっと指さした


見慣れたはずの背中

なぜか大きく見えて

急に 校舎を染める

そうね 夕焼けみたい

頬が燃えてゆく


(突然)心 不思議にせつなくて

同じ景色も昨日とは

ぜんぜん違って映るの

(偶然)思いがけなく せつなくて

どうしていいかわからない

そんな青春の予感


揺れるたびに そっとつかむ

洗いたてのシャツが

痛いくらい 瞳にまぶしい


ふたり いつものように

話すこともできずに

急に 夏へとむかう

そうね 光に抱かれ

胸が熱くなる


(突然)心 不思議にゆらめいて

きみの存在 誰よりも

だんだん 特別になるの

(偶然)思いがけなく ゆらめいて

何が変わり始めてる

そんな青春の予感

提供: うたまっぷ