歌詞

そのままでいいわ~フィールドの砂~

持田真樹

作詞
穂口雄右
作曲
穂口雄右

フィールドの砂 まだ冷たい 6月の雨の中で

心に決めたメニューを一人 繰り返すあなたを見てた

たしか去年の夏休み 逆転アーチの記憶を

5mmの誤差が作ったなんて 知らなかったの今日まで


私なんか 私なんか なんにも出来なくて

ただ遠くで ただ遠くで 憧れていたけど


自分と戦い続けるあなたは 孤独のレースに

青春を 夢を 希望を ぶつけているのよね

そのままでいいわ 輝いているよ


一年は短いものね 目標の7月がきて

プレイボール 芝生の青さに ただドキドキしていたのよ

初回のピンチきわどくて 夢中で声をかけたけど

ストレートにゲームを託して 拳を振り上げたよね


私なんか 私なんか なんにも出来なくて

ただ近くで ただ近くで お祝いしていたの


自分の壁を乗り越えたあなたは とてもまぶしくて

思い出を 今を 未来を 創って行くのよね

そのままでいいわ 輝いているよ


8月潮風も熱い 全国大会は燃える

仲間達の名よを背負って 3年間をかけた夢

汗も涙も流れるままの 唇噛んで走った


私なんか 私なんか 自分の事みたい

ただ心で ただ心で お祈りしてたけど


負けてもいいの何時だって あなたはあなたなんだから

哀しみも 愛も 挫折も いっしょに感じたい

そのままでいいわ 輝いているよ

そのままでいいわ 輝いているよ

提供: うたまっぷ