歌詞

6月のまばたき

白石まるみ

作詞
呉田軽穂
作曲
松任谷正隆

快速電車は 風のスクリーン

まばたきのあとに あなたが立っていた

踏切を 待ちきれず

かけて 腕にとび込んだ


夏近い日曜日 アパートをたずねた

パンや野菜を つめた紙袋

いいえ くちづけをはぐらかす

言葉だって 持っていったわ(あの日)


それから一年 時のスクリーン

まばたきのあとに あなたが立っていた

濡れた目の 素敵な女(ひと)と二人

肩を寄せていた


本当の淋しさを きいてあげるのには

私 子供に見えてしまうのね

でも いつの日か会えたなら

抱きたいと 思わせてみせる

忘れない(ずっと)


快速電車は 午後のワンシーン

まばたきをしたら あなたに会えそうな

想い出の ひとこまが

今も 泣きたくさせるの

提供: うたまっぷ