歌詞

好きだから

井上望

作詞
千家和也
作曲
穂口雄右

ひと足違いであなたが帰ったあとよ

書きなぐりの字を伝言板に残して

不気味に明るい夜明けの駅前

きんもくせいの花に暗い雨が降りかかる

踏むたび私の影が悲鳴をあげる

好きだから

泣いて泣いて涙も枯れたふりをして

あなたにさよならをしようと決めた


いつかは別れの日が来る予感がしてた

そして悪者に私がなる気でいたの

車が邪険にかたわら追い越す

きんもくせいの花の匂いに送られながら

うつむき加減に道を泣き泣き歩く

好きだから

泣いて泣いて涙も枯れたふりをして

好きだから

恋に恋に疲れたようなふりをして

あなたにさよならをしようと決めた


どうやら本降り

この雨しばらくやまない

あなたもおそらく

涙をこぼしてるのね


好きだから

泣いて泣いて涙も枯れたふりをして

好きだから

恋に恋に疲れたようなふりをして

あなたにさよならをしようと決めた

提供: うたまっぷ