歌詞

りんご・マンボ

宮城まり子

作詞
矢島秀雄
作曲
佐野鋤

リンゴ 色づく 祭りの頃は

可愛いあの娘も 薄紅つけて

笛に誘われ ヘイマンボ

太鼓に浮かれて ヘイマンボ

笠の紅紐 横ちょに結んで

マンボだマンボだ マンボだマンボだ

リンゴ祭りだ 村中で踊ろ

津軽娘は みな踊ろ


あの娘 十八 何故顔隠す

青い葉陰に えくぼがみえる

嫁子とるなら ヘイマンボ

愛嬌だ器量だ ヘイマンボ

頬はまんまる 心もまるいよ

マンボだマンボだ マンボだマンボだ

リンゴ光るよ 艶よく光る

津軽育ちの 肌のよさ


踊れ 踊れや リンゴの下で

旅のお方も 見にきて踊る

縞の筒さで ヘイマンボ

かすりのもんぺで ヘイマンボ

姉さかぶりで 手甲脚絆で

マンボだマンボだ マンボだマンボだ

リンゴ祭りだ 村中で踊ろう

マンボマンボで みな踊ろう

提供: うたまっぷ