歌詞

dedicate

奥村雪男(福山潤)

作詞
川副克弥
作曲
川副克弥

静かすぎる夜一人ぼっち気取る

この手でつかんだものは孤独

誰かにうちあけたい思いを

隠して進んだ一歩一歩

背負って生きて行くのがさだめ

ただ従うだけじゃダメ

好奇心と向上心もち前進

そんな精神まなぶ修道院


語りかける少年

怖さに負け出来ない冒険

正しくあるための条件 当然

もとめるのは安易な同意見

夜はいつか朝になる

騒がしい街はまるでカーニバル

エクソシスト 日々にシフト

そんな日々と意味と 葛藤を


生き急ぐmy way 君と手つないで

現実から逃げないで青に変わる青にかわるまで

ありふれた感情 もとめない正常

胸をはってたいよ 見えてくるまで


時に辛い思い 暗い未来

ばかりじゃない守る誓い

わずかに残る淡い期待を

可能なはずだときっともっと

求めるのは完璧な

自分の姿と裏腹

払ったたくさんの代償や犠牲

言葉だけではなく示す姿勢


かたむけた情熱

手に入れると何かが消滅

やがて時がすべてを解決 決別

したい大嫌い自分の部分

虹がかかる雨上がり

暗い夜照らし出す月明かり

曲げぬ信念 この先何年

迷い前へ 耐えて 自我を抑制


隠せない激情 はれないよ表情

天与の資も不要 もがいてもぬぐえない過去

逆らえぬ運命 失わぬ冷静

さずかった天命を 果たす時まで


生き急ぐmy way 君と手をつないで

現実から逃げないで青に変わる青にかわるまで

ありふれた感情を もとめない正常

胸をはってたいよ 見えてくるまで


隠せない激情 はれないよ表情

天与の資も不要 もがいてもぬぐえない過去

逆らえぬ運命 失わぬ冷静

さずかった天命を 果たす時まで

提供: うたまっぷ