歌詞

蒼い孤島

クラスタシア

作詞
畑亜貴
作曲
俊龍

惹かれ合うほど遠ざかる

余りにあつくて

触れることさえ畏れてしまう

恋へと磁力が導く


逢いたい病なら

押さえる努力は

もうできなくなりそうよ

呼ばれた心は


(流れに身を委ねて

情熱の海で溶けるよ

お願い 私を見て

貴方の眼差しで

Sail 二人が生んだ孤独

Same お互いにしかわからないのと

無言のIsland blue)


満たされたいと囁いて

真夏の香りを

身に纏うから砂の城まで

貴方に揺られて漂う


高まる愛ゆえに

嵐が来るでしょう

ほら砕けてしまえばいい

世界が滅びて


他には誰もいない

情熱の島でいきるの

知らない 燃え尽きても

私はかまわない

Fail 二人の為の孤独

Flame 味わう極み闇の美酒より

深いのSeabed sign


高まる愛ゆえに

嵐が来るでしょう

ほら砕けてしまえばいい

世界が滅びて


他には誰もいない

情熱の島でいきるの

知らない 燃え尽きても

私はかまわない

流れに身を委ねて

情熱の海で溶けるよ

お願い 私を見て

貴方の眼差しで

Sail 二人が生んだ孤独

Same お互いにしかわからないのと

無言のIsland blue

闇の美酒から滴る汗よ

提供: うたまっぷ