歌詞

淡谷のり子

作詞
岡田冨美子
作曲
あかのたちお

夜が私の手をひいて

あなたのもとへ連れてゆく

男嫌いになったはず

はずだけれども 急ぎ足

渡っても 渡っても

渡りきれない女の橋よ

何が流れる河なのでしょう

私を抱いた男たち

誰も教えてくれなかった


いつか知らずに身についた

逃げる男を許すくせ

愛は淋しいお祭りね

祭りのあとに雨が降る


歩いても 歩いても

いつかの道で迷って泣いて

なんで女に生まれたのかと

遠いふるさと 思い出す

どこへ帰れば眠れますか


歩いても 歩いても

いつかの道で迷って泣いて

なんで女に生まれたのかと

遠いふるさと 思い出す

どこへ帰れば眠れますか

提供: うたまっぷ