歌詞

雨粒

Rita

作詞
折倉俊則
作曲
折倉俊則

貴方は欲しくて 私は壊したい

似てるけど 嘘混じって


貴方はそれさえ笑って許しそう

私は許せずに


手を繋ぐより複雑に指を絡めて溶ける 一つになれたみたい

願っても良いわけもない夢を見てた 飽きずに見てたの 一人で


貴方は私の頬に手あてては

確かめるように笑った


私は貴方の胸、奥、握って

諦めて泣いてた


手を繋ぐより複雑に指を絡めて溶ける 一つになれたみたい

願っても良いわけもない夢を見てた 飽きずに見てたの 一人で


雨粒滲んで 輪郭なんて失われていた とうに

窓の淵も 過ぎた日々も 笑い声も

吐息まで空っぽ


手を繋ぐより複雑に指を絡めて溶ける 一つになれたみたい

もう会えない今になってまだ夢を見てる 飽きずに見てるの 一人で


一粒 一粒 反射で駆け上がり

次の嘘 「好きじゃない」とか 高く高く貴方に届いてくれたら

提供: うたまっぷ