歌詞

Theme Song

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

消防車がサイレンを鳴らし

真昼の街を駆けて行く

耳を裂くその音に僕は

なんとかならないの?と言った


一緒にいた友達はそんなことを

言うもんじゃないと窘める

大事な人乗せ急ぐ救急車に

感謝したことがあると


僕ははっとして軽はずみな

言葉に反省しながら

こんな心ない自分も

悲しいことに確かにいると知った


今夜も突然夜の街に響く

サイレンの音を聞きながら

昼間の僕に教えるように言う

この音は誰かが誰かを

助けに飛んで行く音

うるさいはずなんてないだろう?って


自分の番が来るまで本当の

意味がわからないことがある

救急箱の絆創膏とか

119とか110の数字も


季節外れの台風の前の

空を見ながら考える

人間はその番が来る前に

思いやることが出来るいきものだ


無意識に出たその軽はずみな

言葉はあきれるほど自己中で

そう強敵はなんでもない時に

現れるそんな自分自身だろう


今夜も突然夜の街に響く

サイレンの音を聞きながら

昼間の僕に教えるように言う

この音は誰かが誰かを

助けに飛んで行く音

うるさいはずなんてないだろう?って


今夜も突然夜の街に響く

サイレンの音を聞きながら

昼間の僕に教えるように言う

この音は誰かが誰かを

助けに飛んで行く音

例えるならヒーローのテーマソング

提供: うたまっぷ