歌詞

きみとマフラーとあまのじゃく

九州男

作詞
九州男
作曲
九州男

様々な黒い足跡が羅列する彩られた歩道

白い息はいて人々がその列をゆっくり増やしていく

嘘つきであまのじゃくな俺は口元にマフラー巻いて

愛情の一かけらもプレゼントする事さえ日々ごまかしていた

でも今日は振り向けばいつも笑顔で君が居てくれてるって

そんな甘えと強がり捨てて何故か素直になれるスペシャルデー


華やかな街が雪で募る頃のXmas

これ以上の欲しいものなんて無くて

他の答えを探してみても結局

all I need is love

all I need is your love


無言で手を引っ張って横においでっていつからこんな不器用?になったのかわからないけど

街のネオンと気温0度がムードをデコレート

目と目を合わせデートなんて久しぶりかも。。て本当は気づいていたけど

よそ見は裏返しというか今更照れくさくてさ

オレンジ色の降雪が毎秒辺りを包んでゆく

恥ずかしいけど今ならマフラー越しに呟ける愛を


にぎやかな時間が雪で眠る頃のXmas

これ以上の言葉は見つからなくて

他の答えを探してみてもやっぱ

all I need is love

all I need is your love


時計の針が一列に並んで聖夜の終わりを告げた鐘の音

夜空に滲んだ夜景の蛍火

冷たい風の中で感じる温もりさえ

これを外したときは気の利いた言葉なんて言えないけど

マフラーずらして交わす静寂な口づけを


君の事を想えば想うほど

このXmas瞬く間に過ぎ去っていく事を知ってるけど

一年に一度の本物の素直な愛で卑怯だけど君の不安さえもぎゅっと抱きしめてたい


華やかな街が雪で募る頃のXmas

これ以上の大事なものなんて無くて

他の答えを探してみても結局

all I need is love

all I need is your love

all I need is love

Merry Xmas

提供: うたまっぷ