歌詞

ひと夜の花

ET-KING

作詞
TENN/センコウ
作曲
TENN/センコウ

◎月明かりに 照らされ 夜に咲く 花開く

祭りに踊る ひと夜の夢のよう 覚めぬよう


□月のウサギぴょんと出て

えんやこらさ 歌う踊る一晩中

音につられて始まる

えんやこらさ 恋を歌う


▲今夜心が踊り 通りにずらり

並んだ夜店に遠くに聞こえてくるお祭りばやし

はずんで2人 優しい匂い

集まる人だかり 君の顔 うつす提灯がゆらり


◎月明かりに 照らされ 夜に咲く 花開く

祭りに踊る ひと夜の夢のよう 覚めぬよう


◆ウサギ達ゆれて輪になり

音を重ね 歌う踊る 一晩中

手のなる方へと誘えば

えんやこらさ 夢を歌う


△もう変わってしまった景色

思い出すあの日の歌と吐息

変わらん面子と久しぶりに会ったら不思議

自然と笑顔がこぼれる また酔いしれる

いつしか時間すら忘れて音と泳ぐ

何度だってここにくれば分かる

何度だってここで


◎月明かりに 照らされ 夜に咲く 花開く

祭りに踊る ひと夜の夢のよう 覚めぬよう


◇愛しくて恋しくて心ん中真っ赤に燃えて

切なさも悲しみも夜風がすっとさらって行く

今ここにあることが全て

ずっと消えて ほしくはなくて

いつまでも 覚めないで

このままずっとここにいたい


◎ただはかなく 静かに夜に咲く 花開く

祭りに踊る ひと夜の夢のよう 覚めぬよう

月明かりに 照らされ 夜に咲く 花開く

祭りに踊る ひと夜の夢のよう 覚めぬよう


▲→イトキン

△→TENN

◆→KLUTCH

◇→BUCCI

□→センコウ

◎→全員

提供: うたまっぷ