歌詞

Key

溝渕文

作詞
Aya Mizobuchi
作曲
Aya Mizobuchi

ここにはもう 戻らない

握りしめた鍵投げ捨てた

部屋の窓は後悔と嘘と涙で曇ってた


疲れ果て 傷ついた心が

下手で見え透いた 嘘に気付いてた

「早く目を覚ませ!」と 心が叫んでた


ああ 運命よ あるのならば

この手に口づけてくれ

ありのままで 飛び込んだら

泳ぎきれるのでしょうか?

私にできるのでしょうか?


もう 二度と 振り返らない


指紋だらけの部屋を出たけど

心はまだ空っぽのまま

「もっと先へ行かなきゃ」って

言い聞かせてるようじゃ まだだめさ


見失い いつも彷徨ってた

偽りの顔して 嘘を重ねてた

もう そんな毎日にさよならするのさ


ああ 運命よ いるのならば

今すぐ風吹かせてくれ

放たれた鳥のように

大空に舞ってみせるから

どこまでも飛んでみせるから


立ち止まってた 昨日にバイバイ


でこぼこな道を歩かされてきた

くだらない日々と思い込んできたけれど

本当は未来なんて自分次第なんだって

気付ついた


ああ 運命よ あるのならば

この手に口づけてくれ

ありのままを愛せるなら

辿り着けるはずだから


ああ 運命よ あるのならば

今すぐ風吹かせてくれ

放たれた鳥のように

自由に舞ってみせるから

どこまでも飛んでいけるから


もう 二度と振り返らない

提供: うたまっぷ