歌詞

紙の頁

溝渕文

作詞
Aya Mizobuchi
作曲
Aya Mizobuchi

「愛してる」と男が言う

女は頷く 笑う

広い胸に抱かれていく

場面が変わる


読みかけの物語に

昨夜の自分重ねてさ

このまま幸せな結末を祈るけど


どうしたって枠からはみ出してしまう

余計な一言であなたは去って行ってしまう

涙で よれてる

紙の頁


「さようなら」と嘘をついて

女は逃げる

すぐに男の足がそれに追いつき

抱きしめ合う


泣いて笑って

物語は美しく終わる

読み終えた現実の

悲しみが纏わりつく


寂しさで物語に逃げ込んでも

ひとりの部屋は

静かすぎて息が詰まる

涙で 読めない

紙の頁


アイシテイル

I love you.

愛している


どうしたって枠からはみ出してしまう

余計な一言であなたは去って行ってしまう

涙で よれてる

紙の頁

提供: うたまっぷ