歌詞

今日は夢も見ないで眠った

溝渕文

作詞
Aya Mizobuchi
作曲
Aya Mizobuchi

今日は夢も見ないで眠った

白い冬の日の朝だった

君の肩が僕に触れた

君のぬくもり嬉しかった


こんなふうに きっと

君と ずっと

こんなふうに 君と

きっと ずっと


このまま裸で

抱き合っていたいよ

変わらぬ気持ちを

誓い合っていたいよ


いつでも いつまでも

鮮やかなまま 色褪せないまま

いつでも いつまでも

出逢ったころのような

想いで 満たされてる


今日と昨日の間で

深い眠りの森の中で

頬を撫でる君の左手

とても温かで柔らかで


こんなふうに 君に

触れて いたい

こんなふうに 君と

きっと ずっと


このままいつまでも

抱き合っていたいよ

誰より君だけを

見つめていたいよ


いつでも いつまでも

消えることなく 弛むことなく

いつでも いつまでも

ふたりの時間を 一緒に紡いで行こう


君と巡り逢うまでは

本物の愛なんて知らなかった

でも今はここで

一緒にいられる意味を信じられる


いつでも いつまでも

鮮やかなまま 色褪せないまま

いつでも いつまでも

出逢ったころのような

想いで 満たされてく

ふたり導かれるまま

提供: うたまっぷ