歌詞

風歌 KAZEUTA

加藤登紀子

作詞
加藤登紀子
作曲
加藤登紀子

アーイヤラ アーイヤ アーイヤラ ヤーラヤ

アーイヤラ アーイヤ アーイヤラヤ


風が呼んでる 空の彼方から

歌が聞こえる 雲の向こうから


祭太鼓が 響く大空に

今も聞こえる 勇者の叫び


何処へ行ったのか この世を超えて

夢の果て 暗闇を 彷徨いながら


無念の涙を 地上に降らせ

荒れ果てた 人の世の明日を守れ


アーイヤラ アーイヤ アーイヤラ ヤーラヤ

アーイヤラ アーイヤ アーイヤラヤ


花咲く丘を 超えてゆけ

鳥の呼ぶ声を 風に聞きながら


祭太鼓に 祈り込めて

歌い踊れよ 風歌を


同じ哀しみ 繰りかえすな

翼よ 大空の 光になれ


どうしたら守れる 愛しい命

どうしたら蘇る あの日のすべて


アーイヤラ アーイヤ アーイヤラ ヤーラヤ

アーイヤラ アーイヤ アーイヤラヤ

提供: うたまっぷ