歌詞

Startup

The Sketchbook

作詞
多田宏
作曲
tatsuo

その右足を踏み出せ

そこから続いていく

スタートの合図を

待ってる場合じゃない


誰かに言われたことだけ

やるのは簡単でも

どこかで退屈だって思ってたんだろ


ゆっくり歩けば見える景色もある

だけどここから駆けていく

前だけ見つめて


見渡せばすべてが道だった

見上げたら空は果てしなくて

自分の居場所に迷ったときもあったけど

いつだって誰だって

立ってるそこが中心だ

どこへもいけるだろう

これからなんだよ僕らは


まだ何ひとつ見えなくって

でも飛べないことくらいは

分かっているから僕らは歩いていこう


可能性というチャンスならあるけど

掛けてく僕らが「ゼロ」なら

意味がないんだよ


見渡せばすべてが未知だから

掴めなくったって追いかけていた

真っ直ぐ歩くには僕ら傷付き過ぎて

堪えている涙なら

流せばいい霞んでいた

明日も見えるだろう

さぁスタートはここから


見渡せばすべてが道だった

見上げたら空は果てしなくて

自分の居場所に迷ったときもあったけど

いつだって誰だって

立ってるそこが中心だ

どこへもいけるだろう

これからなんだよ


堪えている涙なら

流せばいい霞んでいた

明日も見えるだろう

さぁスタートはここから

提供: うたまっぷ