歌詞

銀の腕時計

THE★裏ワザ

作詞
三戸華之介
作曲
中谷のブースカ

南の方から 君は現れて

峠の彼方へ とんでく

銀の腕時計 針がまわってる

目にもとまらぬ スピードで


ポプラの木陰で 君をみつめてる

長い長い午後を ついやし

僕の時計は 壊れてしまって

3時5分で動かない


僕の午後は いつも晴れで

君にも少し 分けてあげたい

ちょっとだけ ちょっとだけ

ちょっとだけさ


長い長い午後に ひざを抱えてる

そして君がとなりにいれば

腕の時計をとめて


銀の腕時計 君に巻きついて

峠の彼方へ連れ去る

僕の捧げる 花は届かない

風にさらわれ 舞い散る


僕は空回り 所在がないから

ポプラの木陰でまどろむ

僕の見た夢 野辺の有りさま

七色の花が 咲きほこる


君が僕を 通り過ぎて行く

腕にまいてる 時計がせかすす

もっと行け もっと行け

もっと走れ


長い長い午後に 鳩が飛んできた

そして君がとなりにいれば

腕の時計をとめて


そして君がとなりにいれば

腕の時計をとめて


君の午後は本当は長い

腕の時計をとめて


花の首飾り二人で編もう

腕の時計をとめて

提供: うたまっぷ