歌詞

風の国と地上絵

藍坊主

作詞
藤森真一
作曲
渡辺拓郎

黄色い砂漠に ラクダの足跡で ナスカの地上絵を描いた

綻ぶ人形を抱えて いつの日も 微笑んでる少女の絵


パーカーコートを脱ぎ捨てて コロニーを飛び出した 彼女の名前はライラ


冷たい夜風 全身で受け止め 1秒ごとに 流星は交差して 心を暖める布を織っていく

大丈夫だと 全身で感じた 長い髪が靡かないように 束ねて結んだ 赤いミサンガで


埃まみれの ブーツのソール蹴って飛んだ!

「私にだって翼はあるわ。」勇気を下さい


みるみるうちに小さくなる地面に ドードー鳥の群れ


冷たい夜風 全身で受け止め 1秒ごとに 流星は交差して 心を暖める布を織っていく

大丈夫だと 全身で感じた 喉が痛くなるほど叫んだ 風車が奏でたピンジャカンにのせて


まだまだ高くと 翼を羽ばたく 初めて見えた自分が微笑む絵


今日、砂漠に雨が降りそそぐ ダイヤのように息吹くアデニウム 世界にプロポーズされたような夜明け

背伸びじゃなく 背が伸びたみたい 臆病な頃を思い出していた 捨てられないから抱きしめるように


クジラ雲の背中を羽ばたいて

提供: うたまっぷ