歌詞

涙の理由(わけ)を

伊藤銀次

作詞
伊藤銀次
作曲
伊藤銀次

夜が流れて

心が揺れる

最後の夜に

君は泣いた


切ない気持ちで

君は見ていた

あの日に続く

帰り道を


忘れないさ

胸の奥の

想い出は

愛しあった

あの日々が

幻でも


数えきれない

涙の理由を

君は言えずに

僕を見てた


やさしさよりも

大事なものが

愛の行方に

にじんで消えた


夏の言葉が

今も心に

消えないままで

繰り返してる


変わらないさ

胸の奥の

愛しさは

愛しあった

あの日々が

幻でも


隠しきれない

涙の理由を

見つめられずに

愛は消えた


想い出して

あの歌を

約束を

二人聴いた

あの日々が

幻でも


今も聞こえる

涙の理由が

君との季節

忘れはしない

提供: うたまっぷ