歌詞

熱の欠片

青峰大輝(諏訪部順一)

作詞
こだまさおり
作曲
河田貴央

こぼれ出した熱の欠片 宙に散った残像

光の中へと消えていく


追いかけるほど 誰とも遠くなる

広がる距離は 加速度をつけて

汗が引くように 冷えていく心で

何を感じても 虚しい孤独でしかない


諦めたのは オレだってのか?

誰よりも自由で だけど何処にも行けず


こぼれていく熱の欠片 宙に散った残像

ただ夢中で、全てだった あの日々は戻らない

強過ぎる光の中で目を開けたまま

消えてしまった輪郭は もう影ひとつ残さずに


別にそれほど 懐かしいワケじゃない

どうしようもなく つまらないだけだ

あんなに胸を 掴んでいた鼓動が

聞こえなくたって オレはオレを照らすから


手に入れたのが それと引きかえに

こびりついて離れない 喪失感だとしても


誰の助けも必要ない 勝てないヤツも、もういないな

握りしめた力が強くて 粉々にした

笑顔さえも 光の彼方へ溶けて


オレに勝てるのはオレだけだ


こぼれていく熱の欠片 宙に散った残像

ただ夢中で、全てだった あの日々は戻らない

強過ぎる光の中で目を開けたまま

フイに視線を泳がせては 何かを探すけど

消えた輪郭は もう影ひとつ残ってない

提供: うたまっぷ