歌詞

カタハマリズム

SAKANAMON

作詞
藤森元生
作曲
藤森元生

草臥れる日々 斜陽に凭れ

曲がる街路樹 憂いのミーム

思いの儘に戯れ姦しむ馬鹿も受理される


暖簾の先に瞬く火影

潜れば吠える とりあえずビール

無数に伸びる頂に蒔いた稗を摘み貪る


粗方 奔騰に理解は黙って消える

然すれば模糊を土産に持ってお入りなさい


段々色鮮やか 闇雲イメージを彩り

焦燥感掻き鳴らすだけ 異なフレーズ響けこの儘

散漫なる言葉 覚醒しては挙動り 悖り

醒めないで無謀果たすまで 人知れずに規定砕け粉々


怒濤の果てに逸物も垂れ

失する記憶 鎖されたシュール

再来を待ち 脳味噌溶かしながら日々を吐き捨てる


荒げた煩悩に理性が燻ってしまう

掠れた時事を尻目に酔ってお帰りなさい


歓談糞賑やか 混ぜ込めば選り取り見取り

滅裂感打ち鳴らすだけ 奇なフレーズ響け夜な夜な

変幻する立場 迷走して秩序お座なり

醒めないで空虚満たすまで 別世界の窓開けごまごま


凌ぐ間に築いた地固まったとて雨降る

日捲れれば覇気も出すが脆い履物忘れないで


判断力浅はかになる 只こんな日々が続くだけなんだ

攪乱する心の奥 何かで埋め合わせたいだけ

引き続きこの儘


段々色鮮やか 闇雲イメージを彩り

焦燥感掻き鳴らすだけ 異なフレーズ響けこの儘


散漫なる言葉 覚醒しては挙動り 悖り

醒めないで無謀果たすまで

止めないずっと繰り返せば

いつかきっと報われてさよならって

事実無根纏って命を削る

提供: うたまっぷ