歌詞

胸騒ぎの惑星

南波志帆

作詞
宮川弾
作曲
宮川弾

街並みはいま星ときらめく

なぜかな、少し寂しいの

風が返事がわり

引力なんて意識してないよ

地上を、はみだす気持ち

掴まれた腕が痛い


嘘でしょ?

飛べるの?

真顔で聞いたけれど、笑わないでよね

止むに止まれぬ周波数、届いているはず


胸騒ぎis a wonder of stars

心を照らすの

もう戻れない、終点もない

小さな星は流れて

とまどうように駆け出した

捕まえて、a piece of stars

流星だって意思はあるんだってことなの

この手、離さないで


別れ際の強がりを、そっと

バス停の沈黙と天秤にかけてみる

「大丈夫」なんて言ったけれど

いつも通り見透かして

帰り道は短い


不器用すぎるの

目を逸らしてるときの横顔が好き

隠れてここで深呼吸

バレてはないはず


ふたりだけride on a star

覚悟を決めるの

もう戻れない、終点もない

宇宙の謎もカウントダウン

解いてみせるんだ今夜

さまようこの星で

立ち止まって、まばたきもできないかも

冗談は今は駄目


小さなしるし、わたしにつけてよ

迷いもない、なんて言わないけど

駆け引きなんてもう、うんざりなんだもの


tonight we'll take a ride on a star

パスワードは変えてないの本当は

so, kiss me on the planet of puzzle

あなたは打ち込むだけなの

そうよ、連れ去って

提供: うたまっぷ