歌詞

焼けぼっくいに火がついた

千葉一夫/柳澤純子

作詞
仁井谷俊也
作曲
みちあゆむ

△噂の彼女は どうしたの?

ひとりの横顔 淋しそう

▲若くてオシャレで 男前

彼氏と喧嘩を したのかい

▲△水割り一杯 もう一杯

酔えばグラスに むかしが映る

△嫉妬(やきもち)はんぶん ▲未練が少し

▲△焼けぼっくいに火がついた 火がついた


△あの日の我がまま あやまちを

あやまりたいのよ 本当は

▲おまえのやさしさ 愛おしさ

探していたのさ あの日から

▲△水割り一杯 もう一杯

甘い香水(コロン)が こころを燃やす

△愛しているのよ ▲死ぬほど好きさ

▲△焼けぼっくいに火がついた 火がついた


△あなたは私の 青い鳥

別れて気づいた お馬鹿さん

▲涙をちょっぴり 眸(め)に浮かべ

微笑むおまえが 可愛いよ

▲△水割り一杯 もう一杯

ふたり今夜は 結ばれたいね

△二度目のこの恋 ▲大事にしよう

▲△焼けぼっくいに火がついた 火がついた


▲→男

△→女

提供: うたまっぷ