歌詞

横浜ラスト・ナイト

千葉一夫/柳澤純子

作詞
仁井谷俊也
作曲
みちあゆむ

△小雨の伊勢佐木 あなたに出逢い

▲おまえを愛した 元町あたり

△涙がでるほど 好きなのに

▲世間がこの恋 引き離す

△別れたくない ▲こころが辛い

▲△ふたりの横浜 ラスト・ナイト


△夜霧が流れる あの日のように

▲想い出つきない 海岸通り

△絡めた指先 その温(ぬく)み

▲潤んだ眸(ひとみ)の 愛おしさ

△これが運命(さだめ)ね ▲許してほしい

▲△ふたりの横浜 ラスト・ナイト


△明日(あす)からあなたと 他人だけれど

▲倖せだったよ おまえに逢えて

△やさしく抱かれた 坂の道

▲メリケン波止場の 灯(ひ)が滲む

△忘れないでね ▲忘れはしない

▲△ふたりの横浜 ラスト・ナイト


▲→男

△→女

提供: うたまっぷ