歌詞

雨はビー玉のように

さよならポニーテール

作詞
マウマウ
作曲
マウマウ

雨が強くなってきた ほら 傘は最早意味は無いさ

どおせならずぶ濡れで 傘はどこかに置いてきぼり


ほら これならさ 君にバレないでしょ?

涙 雨に隠して 街に降り注げ!


ホントはちょっと悲しくても 頼りたくはないんだ

君を守るただ一人 ヒーローであり続けたいんだ

だけどいつかメッキが剥がれ 遠退いてしまう気がしては

「ちょっと待って!待って!待って!」

ずっと、叫び声 響く


ビー玉みたいな粒が 地面に落ちて弾け飛んだ


ほら それならさ 君は気付かないで

涙 雨に紛れて 街を洗い流す


ホントの事誰も言わない 灰色の世界で

君を守るただ一人 ヒーローであり続けたいんだ

だけどいつか平和が来て お役御免になったらさ

「ちょっと待って!待って!待って!」

ずっと、叫び声 響く


ほら 油断してたら 君が気付いちゃうよ

涙 雨に溶け出す 手を振り続ける


ホントはちょっと悲しくても 頼りたくはないんだ

君を守るただ一人 ヒーローであり続けたいんだ

だけどいつかメッキが剥がれ 遠退いてしまう気がしては

「ちょっと待って!待って!待って!」

ずっと、叫び声 響く


ホントの事誰も言わない 灰色の世界で

君を守るただ一人 ヒーローであり続けたいんだ

だけどいつか平和が来て お役御免になったらさ

「ちょっと待って!待って!待って!」

ずっと、叫び声 響く

提供: うたまっぷ