歌詞

夏祭り

さくらまや

作詞
破矢ジンタ
作曲
破矢ジンタ

君がいた夏は 遠い夢の中

空に消えてった 打ち上げ花火


君の髪の香りはじけた

浴衣姿がまぶしすぎて

お祭りの夜は胸が騒いだよ

はぐれそうな人ごみの中

「はなれないで」出しかけた手を

ポケットに入れて握りしめていた

君がいた夏は 遠い夢の中

空に消えてった 打ち上げ花火


子供みたい 金魚すくいに

夢中になって袖がぬれてる

無邪気な横顔がとても可愛いくて

君は好きな綿菓子買って

ご機嫌だけど 少し向うに

友だち見つけて離れて歩いた

君がいた夏は 遠い夢の中

空に消えてった 打ち上げ花火


神社の中 石段に座り

ボヤーッとした闇の中で

ざわめきが少し遠く聞こえた

線香花火 マッチをつけて

色んな事 話したけれど

好きだって事が言えなかった

君がいた夏は 遠い夢の中

空に消えてった 打ち上げ花火


君がいた夏は 遠い夢の中

空に消えてった 打ち上げ花火


空に消えてった 打ち上げ花火

提供: うたまっぷ