歌詞

さよならの続きへ

Annabel

作詞
こだまさおり
作曲
myu

綺麗な水を分けあうように

無邪気に永遠だって夢みていたから


つなぎあわす言葉たちの 哀しい気配に気づけなくて

心が濡れていたことも わからなくて


静かにたどる甘い記憶

あの時わたせなかった気持ち(missing...)

世界があたりまえにくれる木漏れ日の中

確かに永遠て思うくらいのしあわせが


笑いあった明るい声を 知らず知らずに傷つけてく

心におちた日だまりも 消えていたね


空っぽの今日が膝をかかえてる

おわってく夏を見送れないままに


さよならの続きに何を綴ろう

そっと流れる時を待って

心の鍵がひらいたら 会いにいくよ

提供: うたまっぷ