歌詞

Singer

JOKER

作詞
伊達幸志
作曲
伊達幸志

1人季節はずれの街の風に吹かれて

行くあてもなくただ歩く

人込みに紛れた


夢を捨てた悲しみの涙が染みこんだ

破れたこのデニムを

俺はまだはいてる


もう全て消えればいい

荒れる俺の後ろには

お前が傍にいた


傷ついたギターを

今夜も抱きしめて俺は今日も歌う

ありふれた歌は

このメロディは

まだあの日のままさ


こんなガラクタに涙を見せたお前を忘れない


冬の乾いた空は

何故か切なくて

柄に合わない

マフラーを

今また巻いてみる


いつか愛を歌うから

また夢を見れるから

お前よ傍にいて


月夜に抱かれ今


ありきたりなラブソング

今夜も歌うよ

窓の向こう星が光る

月に照らされて

今夜も歌うよ

どうか窓を開けていて


傷ついたギターで

声が枯れるまで

どうか耳を澄まして

ありふれた歌を

ただこの歌を

またあの日のように


声が枯れたらもう瞳閉じて永遠に眠りたい

提供: うたまっぷ