歌詞

未来列車

LGMonkees

作詞
山猿
作曲
HIRO from LGYankees

町はまだ眠ったままで

何もしらないこの町に最後のごあいさつ

遠くで遠くの方でニコッと笑う

月が僕の背中を押してくれてるみたいだ

このままジッとしてたって きっとなにも変わらなくって

あのままの弱い僕じゃ また人のせいにしちゃうよ

首からぶら下げたこのチッポケなプライドと

一緒にこの町を離れる事にした


君に行くと告げた日から僕は少し大人び

揺らぎ 迷い うつむいたままの僕はもう居ない

首をかしげたまま走る未来の列車は

僕らを乗せて自由に進むの


何度も夢の中で見た 何度も諦めたあの夢の続きを

どうしても 諦められず また追う事に決めたよ

何回もやり直してはさ 何度も塗りつぶしての

繰り返しその繰り返し 不思議と気持ちは冷めず熱くなった

失敗をいつの日かノートに 一つ一つ書きつづってったら

その内間違いも解り 解けば解く程おもしろくてさ

かけがえのない かわりなんていない 本当は大好きな自分だから

嘘はつきたくない それだけさ


君に行くと告げた日から僕は少し大人び

揺らぎ 迷い うつむいたままの僕はもう居ない

首をかしげたまま走る未来の列車は

僕らを乗せて自由に進むの


退屈な日々から抜け出した僕の背中に

生えたこの翼である程度は飛べるみたいだ

そのかわりに沢山の場所にも傷を背負った

でも僕らを運ぶ風は 今じゃ追い風さ


君に行くと告げた日から僕は少し大人び

揺らぎ 迷い うつむいたままの僕はもう居ない

首をかしげたまま走る未来の列車は 僕らを乗せて自由に進む

退屈な日々から抜け出した僕の背中に

生えたこの翼である程度は飛べるみたいだ

そのかわりに沢山の場所にも傷を背負った

でも僕らを運ぶ風は 今じゃ追い風さ

提供: うたまっぷ