歌詞

夜空のクレパス

ムック

作詞
逹瑯
作曲
ミヤ

思い出のこの場所で未来を止めた

あの日と同じ風 同じ匂い

1つずつ 1つずつ ページ捲るように

歩き出す街並み 遠い声


この地球でひとりぼっちだった 君に出会うまでは


鮮やかな空 手をのばして

ほら 人知れず儚く綻ぶ花

もう泣かないで 僕が守ってあげると言って

泣いてくれた その温もり


君となら飛べそうで 両手広げた

恐いくらい何も恐くなくて

ひとつだけ ひとつだけ約束したんだ

口付けと指切り 通り雨


幸せを絵に描いてみたくて 夜空のクレパスで


涙色なら シアンに染めて

今 ほほ撫でる風はきっとマゼンダ

そう 君が全て染め上げてくれたんだ

それなのに どうして?


鮮やかな空 今は遠く

只 人知れず儚く綻ぶだけ

もう泣かないで僕が守ってあげると言った

君がもう いないよ

提供: うたまっぷ