歌詞

ただいまと言えるまで

Tiara

作詞
川村結花
作曲
川村結花

ひさしぶりの声が あんまり やさしすぎたから

閉じ込めてた寂しさが今 あふれて止まらない


元気だよ もう切るね ポケットにしまったケータイ

あたたかくて 手放しがたくて 大きく息をすいこんだ


今年もこの町の灯りが 星屑のように煌めいてるよ

数えきれないほどの夢と 祈りを灯すように

わたしもまた歩いて行くよ 憧れに背を向けないように

どこまでも遥かな記憶の色に ただいまと言えるまで


ひとつ叶えば またもうひとつ 叶えたくなって

ゴールはすぐスタートに変わり 願いは終わらない


旅立った 冬の朝 なにひとつ持ってなかった

真っ白で ただ真っ直ぐな あの日のわたしに戻って行く


今年もこの町の灯りが 星屑のように煌めいてるよ

数えきれないほどの夢は 今はまだ叶わないけど

それでもまた歩いて行くよ 憧れで終わらないように

どこまでも遥かな記憶の色が ずっと消えないかぎり


うつむいてた日々が いつしか遠ざかって行く

忘れてたやさしさが しずかに宿るよ


今年もこの町の灯りが 星屑のように煌めいてるよ

数えきれないほどの夢と 祈りを灯すように

わたしもまた歩いて行くよ 憧れに背を向けないように

どこまでも遥かな記憶の色に ただいまと言えるまで

記憶の色を 心に灯しながら

提供: うたまっぷ